NEWS

市民公開講座「新型コロナウイルスの医学・医療・健康への影響と教訓~われわれは何を学んだのか?」事前申込開始しました。

開催趣旨:

日本医学会連合では、現在、厚生労働行政推進調査事業費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)「新型コロナウイルス感染症による医学・医療・健康に与えた中長期的影響の調査研究-今後の保健・医療体制整備の観点から-」による研究が行われております。本邦で初めて感染者が確認されてから今年で4年目となり、研究成果として様々なことが明らかになって参りました。
そこでこの度、2024年1月13日(土)、一橋大学 一橋講堂におきまして市民公開講座「新型コロナウイルスの医学・医療・健康への影響と教訓~われわれは何を学んだのか?」を開催し、研究成果の一部を市民向けに公開いたします。
多くの市民の皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要:

市民公開講座「新型コロナウイルスの医学・医療・健康への影響と教訓~われわれは何を学んだのか?」
日時:2024年1月13日(土曜日)13時から15時30分まで
場所:一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)

プログラム:
1 開会の挨拶
   門脇 孝(国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 院長/日本医学会連合 会長)
2 臨床内科グループからの報告
   新型コロナ感染症の内科系疾患への影響
   門脇 孝(国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 院長/日本医学会連合 会長)
3 臨床外科グループからの報告
   
新型コロナ感染症の手術への影響
   森 正樹(東海大学 副学長)
      ~ 休 憩 ~
4 病院経営グループからの報告
   
新型コロナウイルス蔓延によって病院経営・医療需要はどう変わったか
   北川 雄光(慶應義塾大学 医学部 教授/日本医学会連合 副会長)
5 基礎医学グループからの報告
   
重症COVID19患者における真菌感染症の実態について
   高橋 雅英(藤田医科大学 国際再生医療センター センター長/日本医学会連合 副会長)
6 社会医学グループからの報告
   
長引く症状(いわゆる後遺症)の実態と社会生活への影響
  
磯 博康(国立研究開発法人 国立国際医療研究センター 国際医療協力局
        
グローバルヘルス政策研究センター センター長/日本医学会連合 副会長)
7 統括と今後に向けた提言
  
高橋 雅英(藤田医科大学 国際再生医療センター センター長/日本医学会連合 副会長)
8 閉会の挨拶
  
森 正樹(東海大学 副学長

申込方法:以下のURLよりお申し込みください。
           https://www.entry-sys.net/form/jmsf/jmsf_fm8/
主催:厚生労働科学研究 新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業(令和5年度)
      「新型コロナウイルス感染症による医学・医療・健康に与えた中長期的影響の調査研究
     ー今後の保健・医療体制整備の観点からー」(研究代表者:門田守人)
後援:一般社団法人 日本医学会連合
問い合わせ先:市民公開講座運営事務局㈱コングレ内(webseminar[a]congre.co.jp)

ポスター