TEAM事業:フレイル・ロコモ対策会議

事業名

日本医学会連合 領域横断的連携活動事業(TEAM事業)
フレイル・ロコモ対策会議

代表者

日本老年医学会 理事長 秋下 雅弘

参加学会

基礎部会:日本癌学会、日本生理学会
社会部会:日本公衆衛生学会、日本体力医学会
臨床内科部会:日本肥満学会、日本老年医学会
臨床外科部会:日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会
その他:日本運動器科学会、日本サルコペニア・フレイル学会

事業内容の概略

2022年4月に日本医学会連合と80学会・団体(加盟57学会、非加盟23団体)から発出した「フレイル・ロコモ克服のための医学会宣言」に基づく活動を領域横断的に展開し、フレイル・ロコモ対策を広く社会に普及啓発するとともに、フレイル・ロコモに関する現在の医学的知見を集積して、わが国における健康長寿社会構築に貢献することを目的とする。宣言賛同学会のうち10学会が主体となり、本事業の2年間で、①フレイル・ロコモと宣言に関する領域横断的シンポジウムの開催(計5回)、②フレイル・ロコモに関する市民啓発セミナーの開催(オンライン開催を含め2回)、③フレイル・ロコモに関する基礎・社会・臨床医学的知識を網羅した書籍「フレイル・ロコモのグランドデザイン(仮題)」の刊行を行う計画である。これらの事業をもとに、上記宣言の達成を目指して長期にわたり継続可能な学会連携の仕組みを構築することを目標としている。